ダイエット始めました!

最近ダイエットをしています!(笑)
私が太る原因はわかっています。間食が多いことです。朝昼晩ときちんとした時間に食べているにも関わらず、午後になるととってもお腹が空きます・・・。なので間食をしてしまい、ぶくぶく太っていきます。わかっていてもやめられない。詰めが甘すぎですよね。

いつも間食はスナック菓子などのお菓子なのですが、昨日からゼリーにしてみました!個人的には甘いものよりしょっぱい系のほうが好きですがここは我慢。ゼリーも普通のゼリーではなく、寒天ゼリーで0カロリーのものをチョイス。これ、思っていたよりおいしいです。ぶどう味とリンゴ味があるのですが、味が濃くて量も多くてそして安い(1つ50円でした)。一石三鳥くらいな勢い(笑)

そしてまだ食べて1日しか経っていないのに、お通じがいい感じです!便秘に悩んでいたのですが、食べた翌日の朝にするっとでました!

こんな感じでダイエットだけでなく、健康にいいこともしていきたいと思います!

朝起きると謎の傷が

最近朝起きると、腕や足、腰回りに謎のひっかき傷が大量にできています。猫に引っかかれたような傷跡がそれはもう沢山。既にかさぶたになっていて、酷いとパジャマに血の跡までついているくらいです。勿論その傷をつけたのは自分自身なんですが、身に覚えがまったくありませんでした。寝ている間に無意識に掻き毟ってるっていう事なんでしょう。ですが今までは睡眠中にここまで掻き毟る事もありませんでしたし、汗をかく程着こんだり布団をかけたりもしていません。パジャマは綿素材を愛用し、かゆみの原因になりそうな化学繊維を使った服で寝る事もまず無いです。じゃあ何が原因で体中掻いて傷だらけになってるのか、と悩む日々でした。ですがふと思い出したんです。最近洗剤を変えたんですよね。金欠だったのでいつも買っている洗剤じゃなく、ちょっと安めのものを購入したんです。洗剤のせいで体が痒くなる事なんてあるの?って思いネットで検索すると結構な数がヒットしました。やはり洗剤が原因で間違いないようです。でもまだ洗剤は沢山残っているし、買い替えるのも勿体ないので我慢して使い続けると思いますが。安いから、と思って購入するとこういう事になるんだなと反省しています。多少高くても良いものを買ったほうがやはり良いんですね。

ミモレ丈と大根足

随分前に、ミモレ丈のスカートが流行しましたよね。丈がふくらはぎの真ん中くらいまでしかないあの中途半端な丈がなんとも清楚で可愛らしくて。私も履きたいと思い、当時さっそくいくつか購入したんです。勿論試着もちゃんとしました。でもいざ帰宅して履いてみると、お店で試着した時とはなんか違う。こういう事ってよくありませんか?お店で試着するとすごくピッタリに感じるのに家で着てみるとモサっとしていたりパツパツしていたり。まるで魔法が切れたかのように似合わなくなってる感じです。その魔法がミモレ丈のスカートでも切れてしまったんですよね。試着室ではスラッとして見えた脚が、自宅の鏡では素晴らしいまでの大根足に…。しかもふくらはぎの真ん中までの丈ですから、一番脚が太く見えてしまうんです。これは大失敗でした。自分の脚はそう太くはないと思っていたのに、ミモレ丈を履いただけで大根足ですよ。あまりにショックでその日は何もする気力がなくなってしまった程でした。その後いくつか買ったミモレ丈のスカートはどうなったかと言うと、一回も外で履く事なくタンスの奥に
封印しています。あの丈のスカートは脚が棒切れみたいに細い人が履いてようやく丁度いいんだと思います。試着室の魔法には気を付けたほうがいいですね。

「BONES 骨は語る」シーズン9 第7話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン9の第7話「完璧なハネムーン」を見ました。前回無事に結婚式を挙げたブレナンとブースが、ブエノスアイレスへハネムーンに行く様子を描いたストーリーでした。プールサイドでただのんびりするだけという時間の使い方が、我慢ならない様子のブレナンが笑えました。バカンスを楽しめないブレナンは、結局自分の専門分野である遺骨の保管庫へ行き、そこで遭遇してしまった事件の解決に協力することになるのです。ハネムーンなのによその国まで行って仕事をするなんて、とも思いますが、ブレナンもブースもなんだかんだ言って仕事が大好きなんだろうなと感じました。いつもは事件の本筋よりもサイドストーリー見たさに視聴するのですが、今回は意外な犯人が明らかになるラストにびっくりして、印象深いエピソードでした。アメリカ以外の国が舞台だと、また視点が変わって面白いですね。
そして、子守りを任されたジャックとアンジェラが、二人の子育てにへとへとになる姿がおかしかったです。でも幸せそうでもありましたね。この夫婦に第二子が誕生するのも近いかもしれません。

ご飯が炊けてない(泣)

昨日の夜、ご飯を炊こうと思って炊飯器のスイッチを入れました。ご飯が炊ける間におかずを作ったり、洗濯物を畳んだりしていました。炊飯器がピーっと5回なったので、お味噌汁を温めてご飯を茶碗によそろうと思い炊飯器のフタを開けました。中には何も入っていませんでした。もうビックリです。何で?と思ってしまいました。どうやらお米を研いだつもりになっていたようです。炊飯器は壊れていないか。今からお米を研いで間に合うか。早くしないと旦那さんが帰ってきてしまう。等、色々頭の中を過ぎりました。
急いでお米を研ぎました。最低30分は水に浸してから炊かないと芯が出来てしまう。でも早く炊きたい。とりあえず、スマホで色々調べてみました。30分以上水に浸した方が良いと書いている人。最近の炊飯器は優秀だから水に浸す必要は無いと書いている人。どっちが正解なの?と思いました。30分待つことが出来ず15分くらい水に浸した後、炊飯器のスイッチを入れてしまいました。上手く炊けるかドキドキだったのですが、芯も無く美味しいご飯でした。まさか自分がこんなことをやってしまうなんて。これからは空焚き防止の為、スイッチを入れる前にフタを開けてお米が入っているか確認しようと思います。

まさに桃源郷!MIHOミュージアムに行ってきました。

先日、友達とMIHOミュージアムというところへ行ってきました。MIHOミュージアムは滋賀県の信楽地方の山上にある博物館で、展示物が非常に充実した素晴らしいミュージアムです。また、建築物自体やそこから見える景色も美しく、その絶景は思わず息をのむほどです。多くの外国人がわざわざこのミュージアムに行くために信楽を訪れるというのも頷けます。

以前からずっと行きたいと思っていたので、今回行くことがきまって前日からワクワクしていました。駅からかなり離れた場所にあるので、ミュージアムまではちょっとしたドライブです。綺麗な自然と渓流の脇の道をひたすら運転すること30分程。ようやく到着しました。

門からミュージアムまでは結構歩きます。しかし、景色はもちろん、美しいデザインのトンネルや橋がミュージアムまでの道を退屈せずに歩かせてくれました。桃源郷をイメージして作られたと事前のリサーチの時に知ったのですが、まさにその言葉の通りのミュージアムだと思います。季節が変わるころ、景色の移り変わりと新しい展示物を見るために訪れたいです。

ゆっくり過ごせる日常に感謝。

現在、仕事が一段落して2週間の休養をしている最中です。毎日、掃除や洗濯ご飯づくりなどをしながら、なかなか味わえない日常を楽しんでいます。すると、あれだけあわただしく生活していたのが嘘のように時間がゆっくり流れていることに気がつきます。

ゆっくりするといっても毎日家にいては退屈ですし体も頭もなまってしまいます。そこで、3日に一度は用事を入れて外で過ごすようにしているのですが、一週間前に会った人でさえずっと前に会ったように感じるのです。時間がゆっくり流れるのであれば「反対じゃないの?」と思われるかもしれませんが、今までよりも一時間が長くゆったりしているので、1日がとても長く感じるのです。ですから、数日前の出来事も遠い過去のように感じる。とても不思議な感覚です。

けれど、今はそのゆっくりした時間を存分に味わっています。余裕がでてきたのか、今まで考えられなかったことも色々と考えることができているし、空き時間は本を読み新しい発見に気づく毎日です。

「BONES 骨は語る」シーズン9 第6話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン9の第6話「すべてが始まる日」を見ました。
ようやく、ブースとブレナンが結婚式を挙げる様子を描いた回でした。ここまで追いかけてきたファンとしては、ついについにという気持ちです。事件も起こるのですが、30年前の遺骨鑑定ということでそれほど急を要するわけでもないので、結婚式の支度に集中したいアンジェラ。しかし、肝心のブレナンが急ぎでもない仕事を優先させようとする姿は、以前にも見たことあったなぁと思い出しました。
幸せいっぱいである反面、その気持ちをどうしていいか分からなくなって、論理的に解決できる仕事に没頭してしまうという気持ちはわかるような気がします。そんなブレナンのことを友人として優しく受け止めるアンジェラが、すごく素敵に見えました。
ハプニングがありつつも無事に花嫁となったブレナンは、本当にきれいで輝いていましたね。シンディ・ローパーが歌を歌ったり、実習生が勢ぞろいで登場したりと、豪華な演出も素晴らしかったです。

やりたい仕事はなんでもチャレンジしていい!

24歳までアルバイトで生計を立てていました。高校を卒業してからずっとちゃらんぽらんに生きてきたのでそろそろ正社員にならなくては思っていた時期でした。そんな時、正社員を目指す24歳フリーターにおすすめの就職サイトはコレ!で知った就活サイトを通じて、大企業の中にある調剤薬局に勤めてはじめました。これは調剤薬局事務をしていました。その時々で必要だなと思うものやあったらいいなと思うものを薬剤師の方に相談すると何でも作らせてもらいました。
今までアルバイトなどでもいろいろなところを経験してきましたがこの薬局のリーダーの方は今まで経験したどの上司の方よりも素晴らしい人格者でした。
やりたいことや今後の方針等相談すると的確にアドバイスをしてくれて私が思いついたアイディア以上のもの考え出してくれました。また社会人としての考え方などもそこで教わりました。自分から発信してやりたいと思うことも大事ですがお客様にとってお店にとって自分のアイディアがどの程度必要なのかやる必要はあるのか真剣に考えてくださり、私の今後の経験にも役立ちました。今でも思うのですが会社は1番大切なのは人だと思います。自分の上司が1番尊敬できたこの会社が1番好きでした。アイデアを言いやすく聞いてくれる姿勢がありかつ合理的で全員が協力していける社風がとても大好きです。
1人だけが頑張っていても問題では改善しないので会社にいる全員が同じ方向向きがんばっていける会社が社員の精神衛生上も会社の為にもいいと思っています。上司の方が支えてくれてる実感があってとてもこの会社が大好きです。

水辺のいのち

一気に春めいてきましたね。それでもいきなり寒かったり、暑くなったり…なかなか落ち着きませんが、桜は咲いて、いい季節です。先日ちょうどいい気温だったので、近くの池に散歩に行きました。池と言ってもきれいに整備されているわけではなく、岩場や土の上を歩いて移動するのですが、全てアスファルト舗装された公園よりずっと近い距離で自然を楽しめます。そんな場所なので、水辺ギリギリにも行けます。水辺まで行って足元を見ると、水際にわらわらとおたまじゃくしが!久しぶりに見ました?まだ手足も生えてない頃で、カエルの面影はまだなく、おたまじゃくしとして単純に可愛かったです。小さいものって、「ああ、いのちが頑張って生きてるなあ」と思わせて、改めて自分のいのちというものにも向き合う機会になりました。すっごくたくさんいましたが、うっかり踏まれないように(それくらい水際にいました)、同じ池にいる魚や亀に食べられないように気をつけて、元気に成長して欲しいと思います。

どうせならロマンある素敵な人生を歩みたい