シングルマザーに、幸せになって欲しい

最近私の周りでは婚活をするシングルマザーの友人が多いです。離婚、夫との死別…それぞれの理由があって一人で子育てをしているママさんたち。家事と育児と仕事を同時にこなすなんて、並大抵のことではありません。そんななか、自分を支えてくれる男性が欲しくなるのは、当然のことだと思います。 しかしながら、ママさんたちを理解してくれる人ばかりではありません。自分の家族や友人、元旦那の家族、そして何より子供の存在が、ママたちの新しい人生の足かせになっているのではないでしょうか。 「女は貞淑であれ」というのが日本の昔ながらの考え方。「男遊びが激しい」などと揶揄され、職場や家庭内で理解を得られないのは決して珍しい話ではありません。子供にとっても、まったく知らない他人が家に来たらびっくりするのは当然。そんな周囲の姿が容易に想像できるからこそ、ママたちも恋人や再婚相手を探す婚活の二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。けれど、何よりも自分のことを考えたとき、恋人が欲しくなるのは当たり前。家事、育児、仕事という三足のワラジを履いて生きていくのは半端な覚悟では務まりません。子供は毎日辛そうに過ごしている母親を見て、きっと辛い気持ちになることでしょう。 周囲の反対や世間の目があり、恋人を作るのは難しいこととは思いますが、人並み以上に頑張っているママさんたちには幸せになってほしいものです。